京つう

  日記/くらし/一般  |  下京区

新規登録ログインヘルプ


2017年08月15日

ひとひら懐紙でポチ袋

お盆休み、どのようにお過ごしですか。
また雨になりそうで、ジメジメとしてきましたね。


さて、辻徳では
車でお越しの殻には近隣のコインパーキングの20分の駐車場代をポチ袋に入れてお渡ししています。

この担当は私。
いつもいろいろな懐紙を、柄が活かされるように工夫して折るのを楽しみにしています。

今日はひとひら懐紙に挑戦してみました。



どうでしょうか。
簡単にちょいちょいっと出来てしまいます。

ちなみに、真ん中に貼ったシールは新発売 ”かいシール”。
懐紙や袋懐紙の留めに使ってくださいね。
ネットショップでも間もなく発売になります。




次回、コインパーキングをご利用いただいた方にこのポチ袋をお渡ししようと思っています。face02


誰にお渡しできるか、楽しみです。


にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ
にほんブログ村

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

紙布と懐紙の 辻徳
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
  


Posted by tsujitoku at 16:09Comments(0)懐紙活用術

2017年07月29日

懐紙の紙質~辻徳のこだわり

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

辻徳は、3か月間の京都マルイ出店を終えて、ほっと一息ついているところです。


さて、今日は辻徳の懐紙の紙質についてご説明したいと思います。

実は今月初め、お客様から「もっと紙質を改善してほしい」というお声を頂きました。



ですが、実は辻徳の懐紙は私が自分で使ってみて最適と思うものを
メーカーに依頼して漉いてもらっています。
そのことをあまり説明してこなかった責任を痛感しました。



■辻徳の懐紙へのこだわり■

 辻徳の懐紙は、オーナーの私が自分で使って
 最も良いと思う紙厚に仕上げてもらっています。

 懐紙は御菓子を乗せるだけでなく、ポチ袋や便箋、
 時にはハンカチ代わりにすることもあります。

 その場合、折っている間に毛羽立ったり、
 水分を吸うともろもろとしてまうことがあり、字も書きにくいので、
 もう少し厚めに、とお願いしています。

 そう、辻徳特別仕様の紙なのです。

 表面がつるつるしているという声を聞くことがありますが、
 印刷をする関係で印刷機を通すには平滑でないと紙詰まりを起こします。
 今の状態でも、印刷屋さん泣かせで大分苦労して頂いています。

 柔らかいのが和紙、というイメージを持っている方が多いようですが、
 そうとは限りません。
 
 余談ですが、表面が平滑でなく、ざらざらとしているのが和紙、
 と思っている方も多いのですが、
 実は和紙の特徴として、表面はつるつる、裏側はざらざらとしています。

 これは、和紙の漉き方の特徴によるものです。 

 
 
 また、辻徳の懐紙は御菓子に付きにくいのも特徴の一つです。
 
 辻徳の懐紙には2つのタイプがあります。(漉入れを除いて)
 一つは吸水性の良いもの(にじみ止めなし)、
 もう一つはゆっくりと吸水するもの(にじみどめあり)。



 以前、羊羹や上庸饅頭を置いて試したことがあります。

 吸水性の良いもの(にじみ止めなし)・・・10分以上大丈夫でした。
 ゆっくりと吸水するもの(にじみどめあり)・・・1時間後も問題ありません。

 「にじみどめあり」の懐紙でも全く水分を吸わないわけではなく、
 直接水に濡らしたりするとゆっくりと滲んできます。

 
 「にじみどめあり」の懐紙は、文字を書いたり、茶道をする方からご要望が多いようです。


 (なお、弊社の漉入れ懐紙は辻徳仕様の紙質とは違い、一般的な懐紙と同じ紙質になっています。)



  まだ100%私の理想の懐紙にはなっていないとは思いますが、、 使ってみたからこそ、この紙に行き着いたのです。 
 

 これからも、こだわりは保ちつつ、より良い商品を作っていきたいと思いますが、 
 それには、何よりお客様の声が大切です。

 独りよがりにならないよう、一人一人のご意見に真摯に耳を傾けてきたいと思っています。
 




゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

紙布と懐紙の 辻徳
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
  


Posted by tsujitoku at 19:31Comments(0)懐紙活用術辻徳

2016年10月26日

敷紙

寒くなったり、暑くなったり、安定しないお天気ですが、季節は確実に秋になってきています。
庭のつわぶきが満開です。


先日、礼法の後藤先生が某社の新人マナー講習を引き受けられ、私も微力ながらお手伝いさせていただきました。

2時間半で洋室のマナーと和室のマナーの両方を、というご要望でしたが、充実した内容で、私もお手伝いさせていただいたことを嬉しく思いました。

講習の中に、お茶とお菓子を召し上がっていただく時間があったのですが、今回、私は懐紙を写真のように折って用意しました。



複雑そうに見えますか?

でも実はとても簡単です。


まず、普通に吉の二つ折りにします。



次に、たての真ん中あたりを斜めに折ります。






楊枝を入れる場所をつくるため、右端を1センチ程度折りあげます。



いかがでしょうか。
ちょっとした工夫で形よく使うことができます。

どうぞお試しください。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

紙布と懐紙の 辻徳
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
  


Posted by tsujitoku at 17:54Comments(2)懐紙活用術

2016年06月08日

懐紙でポチ袋

梅雨の晴れ間、ちょっとの間の五月晴れが心地よい今日のお天気。

さて、今日はポチ袋のお話です。

辻徳の店舗へご来店になるお客様で近隣の駐車場をご利用の方には、
20分の駐車代として200円をお渡ししています。
(以前はカードでしたが、今は現金、100円玉2枚です。

お金をそのまま渡すのは気が引けるので、懐紙のポチ袋に入れて差し上げています。

そのポチ袋、

一応おすすめの折り方を一つ、以前にこのブログで紹介しています。

http://tsujitoku.kyo2.jp/e345157.html

このほかに、たてに三つ折りにして包む方法もあります。

ですが、この二つの方法では懐紙の柄がうまく出ない場合があります。


駐車場代をお渡しするポチ袋は私のお仕事。

毎回適当な懐紙を選ぶのですが、
柄をうまく出すにはどう折ったらいいか、結構楽しんで作っています。


クリックすると大きい画像で見れます。

決まりごとにあまり神経質にならずに、楽しんでお使いください。
”気持ち”が一番大切ですから。


にほんブログ村


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

金銀糸原紙と懐紙の
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.






  


Posted by tsujitoku at 16:20Comments(0)懐紙活用術

2016年03月11日

懐紙の使い方新バージョン

久しぶりに懐紙の使い方、新バージョンをご紹介します。



左から、小さなものをすくうスコップ、懐紙を贈り物にするときの包みかた、カード立て、手前は箸袋やカトラリーケースにいかがでしょうか。


懐紙の包みかたとカトラリーケースは、先日の礼法で後藤先生に教えていただきました。
カトラリーケースは、本来扇子を包む包み方だそうです。


スコップは、細かいものをすくって、ふたを閉じることもできます。

カード立てはスタッフのアイディア。


まだまだ使い方はありそうです。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

金銀糸原紙と懐紙の
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

  


Posted by tsujitoku at 18:27Comments(2)懐紙活用術

2015年10月26日

畳と懐紙

畳と懐紙、この共通点は?と聞かれたら何と答えますか。


たいていの方は戸惑ってしまうことでしょう。
今日、懐紙の話が聞きたいと来店された学生さんにも同じことを聞きました。

ぐるりと部屋を見渡して、何とか答えを見出そうとしていましたが、、、
なかなか、、難しかったようです。



畳、正確に言うとたたみの部屋と懐紙と言ったほうがいいかもしれません。

畳の部屋は、家具やしつらえで、食堂にもリビングにも寝室にもなります。
一つの部屋を、その時々、違った用途で使うことができます。

ここが、西洋式の住宅との大きな違いです。



では、懐紙はどうでしょう。

同じ紙ですが、その時々で書くことに使ったり、包んでみたり、
拭くことに使う時もあれば、、お皿代わりや、お皿の上に敷くこともあります。


書くことに特化したノートやメモ帳、拭いたり鼻をかんだりする時に使うティシュペーパー、
品物を包む包装紙、などなど、

目的別に作られた紙はそれぞれにとても使い勝手がいいのですが、
他の目的ではちょっと使いにくくなります。

メモ帳でこぼしたコーヒーを拭く事はないでしょうし、
ティシュペーパーをメモ代わりにしようと思っても、とても書きにくく、
ものを包むと敗れてしまいます。

その時々で求められる用途に柔軟に対応できるのが懐紙、

そう考えると畳を敷いた和室と懐紙はとても良く似ています。


本当の日本文化の良さは、こういったところにあるのではないか、、、

近頃特にこう思うのです。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

金銀糸原紙と懐紙の
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
  


Posted by tsujitoku at 23:26Comments(0)懐紙活用術

2015年07月09日

懐紙で包む~写真と名刺

やっと梅雨らしくなってきましたが、蒸し暑いのと、べたべた、じめじめには閉口です。

さて、懐紙の使い方をお客様に教えていただくことも少なくありません。

今回ご紹介するのも、お客様から教えていただいたものです。


最初は大分県N.K様(女性)です。
メールでお知らせいただきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初めまして♪ 「懐紙」の愛用者です!

たいてい飲食のシーンで使っていますが、
以前、「名刺」として使ったことがございました★

(中略)
開業前(夏頃)に行なわれたビジネス交流会に参加するのに
まだホームページが出来上がっていなかったため
「名刺」を作るのを控えていたのです。

そこで思いついたのが、
季節の柄の「懐紙」に“ 名刺っぽい ”モノを挟み込んで
先様にお渡しする方法♪

受け取られた方は、一瞬『えっ?』と思われたようですが
事情をご説明するとニコニコ笑って納得して下さいました。(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たとえば、こんな感じでしょうか。



中に私の名刺をはさんでいますが、この方は自分の紹介カードをはさんで渡したそうです。



もらった方の印象に残ったのではないでしょうか。

今回は普通サイズの懐紙を使いましたが、
この場合はまめ懐紙のほうが
使いやすいかもしれません。



それともう一つ、これは家具の修理屋さんの女性に教えてもらった使い方です。

写真を渡すときに挟んで渡していますとのことで、

早速やってみました。



写真をはさんだだけでは心もとないので、両端を折っています。



メールなどで手軽に写真を送れる時代ですが、
プリントしたものをもらうこともあります。

そんなときにも懐紙が使えることを知りました。

写真の大きさによっては大判の懐紙を使ったほうが包みやすいでしょう。



素敵な使い方を思いついたら、是非ご紹介ください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

金銀糸原紙と懐紙の
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.








  


Posted by tsujitoku at 17:51Comments(0)懐紙活用術

2015年01月13日

懐紙の持ち方

ブログの読者からメールをいただきました。

振り袖や留袖など、和服の礼装の場合、懐紙はどこへ入れたらいいのでしょうか、という質問でした。


普段の生活で懐紙を使うときの決まりごとはないと考えています。
あるとすれば、吉・凶の折り方ぐらいで、持ち方についてきまりはありません。

ですので、これまで私が実際に経験したことからお伝えしたいと思います。


まず、和装のときに懐紙をどこに入れるか、ということですが、
私は着物の胸元、帯のお太鼓の中、懐紙入れにいれてバッグの中、
このいずれかにしています。

ですが、それぞれ良い点と困った点があります。


 〈胸元に入れた場合〉

  ・利点   
   使いたい時にすぐに使える。
   この場合は懐紙入れに入れずに直接入れます。
   お点前をする時や食事のときなどはこの方がすぐに使えて便利です。

  ・問題点 
   色・柄のある懐紙の場合、着物や襦袢に色が移ってしまう場合があります。
   (現在の辻徳の懐紙はそういう心配はあまりないとは思いますが。)
   また、長時間胸元に入れていると、懐紙が汗でしっとりとしてきます。

 〈お太鼓に入れた場合〉

 ・利点  
   取り出しやすさは胸元の次に良いです。私は懐紙入れに入れてお太鼓に入れます。
   懐紙入れの置き場所がない場合など、とっさにしまうには便利です。

 ・問題点 
   動き回った時にうっかり落とさないか心配です。
   横から見えてしまう点も減点です。

 〈バッグ入れた場合〉

 ・利点  
  懐紙のもち歩き方としては大変スマートです。

 ・問題点 
  使いたい時にすぐに使えないことがあります。

 以上の点をふまえて、その時々でその場に合った持ち方を選んではどうでしょうか。
 なお、胸元に懐紙を入れる場合は、懐紙が見えないように深く入れたほうがいいでしょう。
 礼装の場合は特に気を付けてください。
 
 以上、私の経験からお伝えしました。

 参考になれば幸いです。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

金銀糸原紙と懐紙の
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
  


Posted by tsujitoku at 20:08Comments(0)懐紙活用術

2015年01月01日

あけましておめでとうございます。

新しい年が明けました。
皆様はどんな風に新年をお迎えでしょうか。

私は久しぶりにコンサートホールで新年を迎えました。
いろいろなサプライズの演出があって、楽しいひと時でした。


さて、このブログを書き始めて早くも7年が経ちました。
始めた頃と比較して、懐紙への関心度は年々高まっていると感じています。
嬉しいことですね。

それとともに仕事も忙しくなり、ブログの更新がままなりません。

反省とお詫びの気持ちをこめて、先日行ったあるレストランでの懐紙の使い方をご紹介します。


ビュッフェ形式のレストランで、カトラリーはお箸も含めて何種類が用意されていましたが、
箸置きがありませんでした。


そこで、懐紙を使いました。




箸置きを作らなくても、懐紙を二つ折りか四つ折にするだけで箸置きになります。
写真の使い方は、二つ折りにしたものに箸先を置き、箸の汚れが見えないようさらに左を折って箸先を隠しました。
折り返した部分が広がらないように上側を一センチほど裏に折っています。

読むより、実際に試してみると、とても簡単なのがわかります。


この時、わが上が下か、などど言うことにはあまり気を使わなくても構いません。
自分が使いやすいように使えばいい、と私は思います。

今回、なぜ私が上を折り返したかは、やってみるとわかります。
下を折りかえすと、上側が開いて、せっかく隠した箸先が向かい側の人に見えてしまいます。

吉や凶などの決まりごとにとらわれすぎると、
本末転倒と言う事態になることもあります。


作法は相手を尊重することが第一とするなら、臨機応変が基本だと思います。

まずはあまり固く考えずに、あなたのやりかたで懐紙を使ってみてください。


昨年、嬉しかったことがありました。

「懐紙?持ってても使うことがないし」というある男性が、
次に会った時には懐紙を買っていかれました。

「持っていると何かと便利だった」と言われたので、
スタッフと小躍りして喜びました。


懐紙を使う素敵な男性が増えることを祈りながら、、


皆様、今年もよろしくお願いいたします。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

金銀糸原紙と懐紙の
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


  


Posted by tsujitoku at 02:39Comments(0)懐紙活用術

2014年11月29日

ヒャクミビーンズと懐紙

”ヒャクミビーンズ”なるものをもらいました。




スタッフの一人がUSJで、店に入るのに30分待ち、レジ待ち30分でゲットしたそうな・・・

ハリーポッターを知らない私は何のことかわからずに早速一口。

ナントもいえない、お味でしたので、
添付の説明を見ると、、、

どうやら「耳あか」味のようでした。

石けん味はのどを通らず・・・・


他のスタッフはなかなか手を出そうとしません・・・

仕方がないので、こうすることにしました。


ビーンズ入りテトラ


ミスをしたら1個食べる。
何が出てきても食べる。
世にも恐ろしいバツゲーム・・・



作り方の手順は


懐紙を二つに折って


適当な大きさに切ります。


マスキングテープで2方を閉じて、中身を入れたら底と反対の方向に閉じます。
(最初の写真をご覧ください。)

この時、ビーンズが出るように端を少し開けておきます。


月曜日が楽しみです。(o ̄ー ̄o)



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

金銀糸原紙と懐紙の
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

  


Posted by tsujitoku at 17:28Comments(0)懐紙活用術