京つう

  日記/くらし/一般  |  下京区

新規登録ログインヘルプ


2009年09月26日

懐紙の折り方~新しいお答え~

以前、懐紙の折り方についてご質問を受けた際、いろいろと調べましたが、なぜあのようにずらして折るのか、本当の理由はわからなかったので、私なりに理由を考えてお答えしましたが、、、、

これが本当ではないかという答えを見つけました。

「贈る心を形にかえて― 日本の折形」 山根章弘 著 によると

『「吉」に折り上げるには、自分に対して置いた紙の端か左の天から折り下げはじめます。そうすれば折り上がりは必ず「吉」になります。』

と書いてあります。

つまり、
                                          


→    



こういうことですね。

さらにこの本によれば、

『自分がいつも南面していれば、吉と陽の太陽は自分にとって左の天から出てきます。左の天は太陽です。白い太陽を貴ぶ日本人は、左の天に向かう線を「吉」として貴びます。』
と書いてあります。

著者の山根章弘さんは、折形礼法を研究、復活させた方です。
この説明を読んで胸のつかえが下りたような気がしました。

以前、私は懐紙の折方で、「和服襟合わせに準ずる」という説明をご紹介しましたが、
今回の説明のほうがぴったりしていると思うのですが、いかがでしょうか。

この本は、その他にも伝統の折形がいろいろと載っていて、大変興味深い本です。

懐紙を是非使っていただきたい、という思いから、いろいろな使い方をご紹介してきました。
まだまだ私も勉強途上、不十分なことで申し訳ありませんが、これからも更に勉強を重ね、皆さんのお役に立ちたいと思っています。



同じカテゴリー(懐紙活用術)の記事画像
ひとひら懐紙でポチ袋
敷紙
懐紙でポチ袋
懐紙の使い方新バージョン
懐紙で包む~写真と名刺
あけましておめでとうございます。
同じカテゴリー(懐紙活用術)の記事
 ひとひら懐紙でポチ袋 (2017-08-15 16:09)
 懐紙の紙質~辻徳のこだわり (2017-07-29 19:31)
 敷紙 (2016-10-26 17:54)
 懐紙でポチ袋 (2016-06-08 16:20)
 懐紙の使い方新バージョン (2016-03-11 18:27)
 畳と懐紙 (2015-10-26 23:26)

この記事へのコメント
たけしさん

右の図を書き直しました。
これで間違いありませんね。

携帯で見ると、図が一つずつ表示されるので、(携帯にもよるのかもしれませんが私の携帯ではそうなりました。)確認がしにくいですね。

ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

最初はわけがわからず、愕然としてしまいましたが、ご指摘いただいたことは大変有難かったと思います。

これに懲りずに、なにかありましたら、いつでもご連絡ください。
これからも宜しくお願いいたします。

                           辻徳
Posted by tsujitokutsujitoku at 2010年06月30日 16:54
たけし様

反対とはどういうことでしょうか。

たしかに右の図は少し形が違うかもしれませんが、左の図の線の通りに折れば、間違うことはありません。

右の図だけを見てまねをしたのなら、間違ったのかも知れませんね。
さっそく図を書き直します。

よく読んでいただければわかったと思うのですが、、、、
こちらも図の書き方が悪かったことに気がついていませんでした。
Posted by tsujitokutsujitoku at 2010年06月30日 15:07
それでは逆だろ恥かいたぞ
Posted by たけし at 2010年06月30日 14:48
コメントは管理者が承認した後で公開されます。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。