京つう

  日記/くらし/一般  |  下京区

新規登録ログインヘルプ


2014年11月29日

ヒャクミビーンズと懐紙

”ヒャクミビーンズ”なるものをもらいました。




スタッフの一人がUSJで、店に入るのに30分待ち、レジ待ち30分でゲットしたそうな・・・

ハリーポッターを知らない私は何のことかわからずに早速一口。

ナントもいえない、お味でしたので、
添付の説明を見ると、、、

どうやら「耳あか」味のようでした。

石けん味はのどを通らず・・・・


他のスタッフはなかなか手を出そうとしません・・・

仕方がないので、こうすることにしました。


ビーンズ入りテトラ


ミスをしたら1個食べる。
何が出てきても食べる。
世にも恐ろしいバツゲーム・・・



作り方の手順は


懐紙を二つに折って


適当な大きさに切ります。


マスキングテープで2方を閉じて、中身を入れたら底と反対の方向に閉じます。
(最初の写真をご覧ください。)

この時、ビーンズが出るように端を少し開けておきます。


月曜日が楽しみです。(o ̄ー ̄o)



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

金銀糸原紙と懐紙の
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

  


Posted by tsujitoku at 17:28Comments(0)懐紙活用術

2014年11月03日

美濃の手漉き懐紙

懐紙を販売していると、お客様からいろいろなご要望を頂戴します。

その一つが手漉き懐紙です。


今年の2月ごろに茶道関係の方からご要望をいただき、特注で納めさせていただきました。


先月、ようやく辻徳の商品としても販売が始まっています。


楮100%、手漉きの中厚懐紙です。
美濃和紙の工房で作られました。




温かみのある手触りに手漉きの良さを感じます。

発売したとたんに、無形文化遺産に登録されるというニュースが報道されました。


まさにグッドタイミング。

「美濃」「手漉き」「楮100%」は無形文化遺産の条件にぴったり当てはまります。

嬉しい半面、これから手に入りにくくなるのでは・・・とちょっと心配もしています。

もっと作っておけばよかったかも。。。


贈答用に箱入りにしました。
大判サイズもご用意しています。




これからの季節、贈り物にお勧めします。

http://www.tsujitoku.net/tesuki/index



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

金銀糸原紙と懐紙の
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.