京つう

  日記/くらし/一般  |  下京区

新規登録ログインヘルプ


2009年07月16日

宵山と行者餅

関東は梅雨明けしましたが、京都はまだのようですね。
今日も昼から雲が広がって、今にも振りそうな空模様でした。icon02

夕食後に家族そろって浴衣で宵山見物…の予定でしたが、あやしい空模様で、急遽取りやめになってしまいました。

その代わり、一年に1回、今日しか味わえない行者餅をいただきました。

昼間、地域の方のために催されたお茶の教室を手伝いに行って、いただいたものです。

このお菓子、祇園祭の宵山にしか販売されないレアものです。
作っているのは東山の柏屋光貞さん。
毎年、お茶の先生がわざわざ買い求めて振る舞ってくださいます。

箱の中に由来を書いた紙が入っていました。

文化三年といいますから1806年、200年前から作られているお菓子なのですね。

クレープの皮のような生地に伸びの良いお餅と、とろりとした白味噌の餡がくるまれています。
山椒のピリッとした後味がするところが、他のお菓子とはちょっと違うところですね。

いつでも何でも手に入る今日この頃、年に一度しか味わえないお菓子は、それだけで貴重品です。
じっくり味わって、また来年までオアズケ・・・

気損ねた浴衣は来週ごろ出番がありそうです。





同じカテゴリー(京都観光)の記事画像
鞍馬山ハイキング
冬ほたる
鴨川の桜
桜~銀閣寺道~
石田神社
流れ橋
同じカテゴリー(京都観光)の記事
 鞍馬山ハイキング (2011-09-26 22:41)
 冬ほたる (2010-12-19 21:03)
 ひだまりさんの夏休み (2010-07-21 21:46)
 鴨川の桜 (2010-04-11 19:35)
 桜~銀閣寺道~ (2010-03-22 21:22)
 石田神社 (2009-12-08 20:43)

コメントは管理者が承認した後で公開されます。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。