京つう

  日記/くらし/一般  |  下京区

新規登録ログインヘルプ


2009年11月27日

残菓包み

お茶のお稽古でいただいたお干菓子などを持ち帰るとき、いつも適当に懐紙に包んでいましたが、
残菓包みという包み方を見つけました。

早速折ってみました。


まず、懐紙の真ん中にお菓子を置きます。
このとき、懐紙を少し斜めに置くのがこつ。
黒い斜めの線は折り線です。
(もちろん、お菓子はずらしてください。)






上の写真の線の位置(だいたい)で折ります。
懐紙の吉の折り方(左上から右下に折上げる)を下向けに折ったかたちになります。


このとき、折った線が水平になるよう置くのがこつ!のようです。






下の二つの角がちょうど上の線と同じ高さになるよう折あげます。











下から5ミリぐらいのところをもう一度折ります。











両端を裏側に折って出来上がり!






この次からはこんな風に包んで帰ろうと思います。



同じカテゴリー(懐紙活用術)の記事画像
懐紙の使い方
ひとひら懐紙でポチ袋~作り方編~
ひとひら懐紙でポチ袋
敷紙
懐紙でポチ袋
懐紙の使い方新バージョン
同じカテゴリー(懐紙活用術)の記事
 懐紙の使い方 (2018-09-15 17:24)
 おうつり (2018-05-02 22:18)
 ひとひら懐紙でポチ袋~作り方編~ (2017-12-13 14:13)
 ひとひら懐紙でポチ袋 (2017-08-15 16:09)
 懐紙の紙質~辻徳のこだわり (2017-07-29 19:31)
 敷紙 (2016-10-26 17:54)

コメントは管理者が承認した後で公開されます。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。