京つう

  日記/くらし/一般  |  下京区

新規登録ログインヘルプ


2009年07月14日

浴衣に懐紙

京都は日差しが刺すような暑さです。
今日は夕立もないし、このまま梅雨明けかも・・・と思ってしまいます。

さて、7月は祇園祭、今日は宵々々山。鉾町界隈は人が多くて歩けないほどの賑わいでしょうね。
浴衣を着ている人も年々多くなっているよな気がします。

今年の流行は、浴衣に懐紙といきたいものです。

夫が持っているのは辻徳の和紙懐紙入れ夏バージョン。
ハンカチにもティッシュにも使えて便利です。
夜店で焼き鳥を買って(別に焼き鳥でなくてもかまいませんが)、
串を懐紙でくるんで持てば手も汚れにくいですしね。

なんといってもおしゃれ~、家の夫でもかっこよく見えますからface03
もちろん女性にもおすすめです。ペアでいかが?

祇園祭の近くで販売しているのはかつおでんぶの高はしさん
市内では他に千本通りの創作処楽々さん
嵐山の憧屋さん

もちろん辻徳でも販売しています。
今年の夏は浴衣に懐紙!
です



同じカテゴリー(和のテイスト)の記事画像
美濃の手漉き懐紙
ひとひら懐紙の使い方
「ひとひら懐紙」発売
まめ懐紙ケースの使い方
抹茶入り懐紙復活
新懐紙 干支・富士山
同じカテゴリー(和のテイスト)の記事
 美濃の手漉き懐紙 (2014-11-03 16:10)
 ひとひら懐紙の使い方 (2014-03-06 18:07)
 「ひとひら懐紙」発売 (2014-01-29 23:26)
 まめ懐紙ケースの使い方 (2014-01-09 14:57)
 抹茶入り懐紙復活 (2013-11-25 15:33)
 新懐紙 干支・富士山 (2013-10-23 17:36)

コメントは管理者が承認した後で公開されます。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。