京つう

  日記/くらし/一般  |  下京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2018年09月15日

懐紙の使い方

懐紙の使い方のご紹介です。

お菓子などを乗せる場合、通常は柄がある面を表にして折って使います。



上のようにずらして折らなくても構いません。
お皿やお菓子の大きさによっては折らずに広げて使っても構いません。





また、柄を内側にして折って、裏面を使う場合もあります。
色の濃い柄の場合はこの方が印刷の色がお菓子に移る心配がないのでお勧めします。




色懐紙と合わせて使うと華やかです。




いずれも、辻徳の懐紙の柄が淡い色合いなので写真ではわかりにくいのですが、
参考にしていただけると嬉しいです。

ご質問はお気軽にどうぞ。




゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

紙布と懐紙の 辻徳
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


  


Posted by tsujitoku at 17:24Comments(2)懐紙活用術

2018年05月02日

おうつり

ブログの読者の方から「おうつり(お移り)」について質問がありました。

そもそも、お移りの習慣が無い地方の方には何のことかわからないと思いますが、
お移りとは、いただきものをした時の返礼のことで、主に関西に昔からある習慣のようです。
いただきものをした時にすぐにその場でお返しすることもありますが、後日容器をお返しするときなどに渡す場合もあります。


質問の内容を要約すると、次のようになります。

・おすそ分けをいただいた容器にお移りを入れる場合はどのようにしたらいいのか。また、懐紙をおうつりに使うとしたら何枚ぐらい入れたらいいのか

・容器に柄がある場合、懐紙の輪は右にしたほうがいいのか左のほうがいいのか。

・懐紙は無地がいいのか、柄が入ったものがいいのか。


私からの答えは次の通りです。(少し書き換えている部分もあります。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 お移りは、京都では半紙をお返しすることが多かったようですが、現在、半紙をいただいていも使いみちがあまり無いように思います。
 昔、紙が貴重品だった時には喜ばれたのでしょう。
 お移りは、マッチなどの日用品だったこともあると聞いていますが、今はマッチも使わなくなりました。

 その点、懐紙でしたら何かと使うことができますので、こちらの方がもらってうれしい、と私は思います。
 実際に使えるものをお返しするという観点から言えば、懐紙をお移りにしても何ら問題はありません。
 懐紙も、無地ではなく柄の入ったもののほうが、もらう立場から言えば嬉しいでしょう。
 実際に販売していて、お客様からそのようなご意見を何度もお聞きしました。 

 なお、基本的には一枚というより一束のほうが一般的だとは思います。
 お渡しするときは容器に入れても、添えても結構です。
 小さく折りたたむより添えたほうがいいでしょう。


 一枚なのか数枚なのか一束なのかは、お気持ち次第だと思います。
 いただいたものにもよりますし。

 そのほか、社内では次のような意見もありました。

 ・一枚にするならお菓子などを包んで入れる(この場合は大きめの懐紙のほうが包みやすいかもしれません)
 ・有難うの一言を書いて入れる
 ・手紙を送るときに白紙の便せんを一枚入れるのと同じ??
 ・封筒に入れてはどうか

 などなど、参考までにお知らせします。


 容器に入れる場合またはお渡しする際に、こだわるのであれば、もらう方から見て輪は右に来るようにした方がいいでしょう。

 なお、現代の生活では、お移りはどうしても必要というわけではないと思います。
 実際、いただいく機会はあまりなくなってしまいましたし、 そのような習慣を知らない方も多いようです。

 
 感謝の気持ちを表す方法としてお移りを差し上げる習慣があるのなら、続けた方がいいでしょう。
 お返ししていただいた入れ物に、きれいな柄の懐紙が入っていたら、ちょっと嬉しくなりますよね。
 かえって心苦しくなるほど値の張るものでもありませんし。


 初めてお渡しする方には、よろしければお使いください、と一言添えたほうがいいかもしれませんね。
 知らない方も多いようですから。

 おうつりは、いただいたことへの感謝の気持ちを表すもの、と考えています。
 あくまでも、形ではなく心を大切に。

 
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

紙布と懐紙の 辻徳
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
  


Posted by tsujitoku at 22:18Comments(0)懐紙活用術思う事

2017年12月13日

ひとひら懐紙でポチ袋~作り方編~

ずいぶん長い間お待たせしました。

前々回でひとひら懐紙で作るポチ袋の作り方をご紹介します。


最初に真ん中で二つ折りにします。







下のとがった先を上に花びらの角より上にくるように折り上げます。



一旦元に戻して、折り線のところに先が来るように折ります。



間にコインを入れます。



コインを入れたら、最初に折った線に沿ってもう一度折ります。



両端が真ん中で合わさるように折ります。



かいしーる”で留めます。




使ったシールは、新発売の”かいしーる”
まめ袋や新発売”袋de懐紙” まめ懐紙”ichima””懐紙ミニミニ”などに使っていただけます。
もちろん、ほかの用途でも。


ちょっと変わったポチ袋です。
コイン用にお使いください。






゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

紙布と懐紙の 辻徳
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


  


Posted by tsujitoku at 14:13Comments(0)懐紙活用術辻徳和のテイスト

2017年08月30日

辻徳のこだわり OPP袋

前々回、紙質についての辻徳のこだわりを紹介しましたが、
今回は二つ目のこだわり、OPP袋についてご紹介します。

辻徳の製品が入っている透明な袋(OPP袋)はほとんどが別注品です。

最初は市販の袋を使っていましたが、お客様から

「懐紙を出すときにフタのノリがついて一枚目が使えなくなってしまう」

という声をうけて、本体側にのりのあるOPP袋を製作してもらうことになりました。

詳しくは下の図をご覧ください。


クリックすると拡大します。


その後、懐紙入れも本体ノリのOPP袋を作ってもらいました。

今、辻徳の商品の80%は市販には無い特注のOPP袋に入っています。



大事な商品を損なうことの無いよう、これも辻徳のこだわりです。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

紙布と懐紙の 辻徳
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.




  


Posted by tsujitoku at 16:20Comments(0)辻徳

2017年08月15日

ひとひら懐紙でポチ袋

お盆休み、どのようにお過ごしですか。
また雨になりそうで、ジメジメとしてきましたね。


さて、辻徳では
車でお越しの殻には近隣のコインパーキングの20分の駐車場代をポチ袋に入れてお渡ししています。

この担当は私。
いつもいろいろな懐紙を、柄が活かされるように工夫して折るのを楽しみにしています。

今日はひとひら懐紙に挑戦してみました。



どうでしょうか。
簡単にちょいちょいっと出来てしまいます。

ちなみに、真ん中に貼ったシールは新発売 ”かいシール”。
懐紙や袋懐紙の留めに使ってくださいね。
ネットショップでも間もなく発売になります。




次回、コインパーキングをご利用いただいた方にこのポチ袋をお渡ししようと思っています。face02


誰にお渡しできるか、楽しみです。


にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ
にほんブログ村

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

紙布と懐紙の 辻徳
㈱辻商店  
〒600-8481
京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地
TEL:075(841)0765
http://www.tsujitoku.net
kaishi@tsujitoku.net  
       
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
  


Posted by tsujitoku at 16:09Comments(3)懐紙活用術